笠間の陶炎祭(ひまつり)公式ブログ

himatsuri.exblog.jp

茨城県笠間市で毎年4月29日から5月5日まで行なわれる陶炎祭(ひまつり)に関するさまざまな情報を発信しています!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
インフォメーション
最新の記事
ありがとうございました
at 2017-05-12 08:28
全体の片付け
at 2017-05-08 14:34
片付け
at 2017-05-07 12:28
陶炎祭ラスト! トワイライト..
at 2017-05-06 07:40
陶炎祭の音楽 夜まつりジャス..
at 2017-05-06 05:41
以前の記事
お気に入りブログ
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル

2015年 01月 18日 ( 2 )

3.11 あの日を 2

主に年上の参加者がストレスを訴える。

なんか仕事する気が起きない・・・

目の前に闇が広がっているようでね・・・

いまだに始まってさえいないしね・・・復興・・・

空を、青い空を見上げるのがこわいんだ・・・。


そんな情況の中での電話だった。

事務の女性は落ち着いた声で

「そうですね・・・やはり出られない方もいらっしゃいますね・・・」

「そうでしょうね・・・窯の被害、意外と大きいですよね」

どうしようかな・・・ひまつり

「でもね・・・」

でもね?

「お客様からのお問い合わせの電話がものすごいんですよ!みんな開催するかどうか心配してくれて・・・」

・・・えっ?

ボクは思わず胸がつまった。
それで迷いから目が覚めたような気がした。ボクは肝心なことを忘れていたようだ。
ひまつりはボク達の、笠間の陶芸の心の支え、居場所だということを。
このイベントは、おいでくださるお客様と仲間のためにあるということを・・・。

・・・

震度5・・・窯焚き中!でもどうすることも出来ない。ただ祈るのみだった。

「今から窯なんですけど・・・


そんな電話が多数アリ。電話中に揺れてるし。

「余震のとき1210度だよぉ~!開けてみないとだけど無事そうですよ」

「おぉ、なんかやる気になってきました!窯焚いちゃいます!」

やはり孤独な作業は閉塞感・不安感に押しつぶされそうになるのか!


傾いたツク。250度ぐらいで手を突っ込んで器を取り出しちゃった!笑 揺れたら倒れるよね。
f0229883_16220608.jpg


陶炎祭(ひまつり)初日、テント前を開けるのが怖かった。誰もいないような気がして。

しかしそれは杞憂だった。

大勢のお客様が開店を待っていてくれたのだ。


(ひまつり)やらないと思っていました・・・。

参加されないんじゃないかと・・・。

地震で器割れちゃって・・・。出てなかったらどうしようと思って

地震の影響どうでしたか?被害・・・
f0229883_16223206.jpg

遠方からのお客様がこちらを目指してやって来てくれ、そのように声を掛けられると、感動してしまった。

元気をお客様に頂いた・・・。
感謝です。

あの春を、あの日を忘れることはないでしょう・・・。


・・・

今年の陶炎祭(ひまつり)も楽しんでくださいね!

日程は毎年固定されております。

イベント内容、各情報は決定次第ご報告いたします。


(阪神淡路大震災20年追悼の意をこめて)
binn



[PR]
by kasama-himatsuri | 2015-01-18 17:12

3.11 あの日を  1

忘れない・・・。

・・・

イベントの設営で集まると、いまだにこんな会話が始まる。

あの時・・・

何してた?

・・・

ボクはロクロを挽いていた。
窓からの陽射しは明るく電気が消えていたとは気がつかなかった。
揺れていたことも日常のことだったし。

ロクロが止まる・・・?

頭上の棚から乾燥中の器が降り注ぐ。

???

ボクはラジオが消えたことも、下界の静寂も気がつかなかった。

あ、窯に積んだ素焼きの・・・

その瞬間に水の入ったバケツが飛び、土間の床を濡らした。

茨城県人は地震慣れしてるので、この辺で止まるはずだと思った。

泥で汚れた手で窯の棚を押さえに行った。
無力にもそれが崩れ落ちる。

何してるんだオレは・・・!

工房から飛び出る。

・・・

崩れた製品群を見つめながら

今年のひまつりは・・・どうなるのだろうか?

そう考える春の始まりだった。

・・・

ひまつり実行委員会は、即集会を開催した。

f0229883_23475050.jpg
既に参加者募集を終了していたのだけど、
その決意表明のような集会だった。

開催するのか?

主催者側はこう言った。

一軒でもね・・・参加者がいるのならば、開催しようと思うんだ。
それがひまつりの・・・使命なんじゃないのかな・・・。

外に人を集めて・・・
改めての決意表明だったのか・・・。

ボク達は
少しネガティブだった。

窯も制作もままならず
まして
野外でのイベントなんて・・・誰が来るんだよ!

そんな空気が渦巻いていたのではなかったか?

一軒でも開催するよ

その言葉に、意気を感じることは出来なかった。
だが
開催参加表明であるならば、今から制作を再開しなければならない。

工房に戻ると、やらなければならない地震の始末が山ほど待ち構えていた。

・・・

窯を補修し
ロクロの前に座るまでに二週間を要した。

その瞬間に、めまいがするのだ。

飛んだ水入りバケツ。
土練機の上に置いた鉄のローラーが吹っ飛んだ瞬間の記憶・・・
板の上の乾燥した器が振動で崩れて行く光景
窯の崩落

全ての瞬間が、動画で蘇る。

ボクは
また仕事が出来るのだろうか?

・・・

ある時に用事で組合へ電話をした。
ついでに聞いてみた。

ひまつりの
参加者状況はどうですか?

当時の年配の女性は優しく応対してくれた。

やはり
少し減っていますね
窯とか壊れたり

そうですか
やっぱり・・・
ボクらも色々考えちゃいますよね・・・

でもね・・・

・・・

事務の彼女はそう言って話し始めた。

でもね・・・?

彼女は意外なことを言った。



長いので続きます。

・・・

20年前の神戸淡路大震災に被災されお亡くなりになった皆様に
改めて心からのご冥福をお祈り申し上げます。


[PR]
by kasama-himatsuri | 2015-01-18 00:24