笠間の陶炎祭(ひまつり)公式ブログ

himatsuri.exblog.jp

茨城県笠間市で毎年4月29日から5月5日まで行なわれる陶炎祭(ひまつり)に関するさまざまな情報を発信しています!
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
インフォメーション
最新の記事
ありがとうございました
at 2017-05-12 08:28
全体の片付け
at 2017-05-08 14:34
片付け
at 2017-05-07 12:28
陶炎祭ラスト! トワイライト..
at 2017-05-06 07:40
陶炎祭の音楽 夜まつりジャス..
at 2017-05-06 05:41
以前の記事
お気に入りブログ
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル

「ひまつり30年 祝辞」 寄稿@参加者

30年前、ジョン・レノン暗殺の報にショックを受け、追悼の場所を学内に造った。講義棟の狭間の薄暗い場所のテント小屋だった。
午後になると何処からとも無く学生が集まり、酒を酌み交わし、ボソボソとジョン・レノンや漠とした将来の不安を語った。見知らぬ学生の集まりだった。その年は確か4月にサルトルも亡くなったのではなかったか?
暗い1980年の終わりだった。
大学側もその小屋を見ぬ振りをしていた。教授連中も飲みに来ていたからだ。当局も学生に「居場所」が必要と思ったのだろうか?
そこでは不安を凝固するかのように、誰とも無く語り、酒を酌み交わす不思議な時空間が出来上がった。
年が明けて一月の末ごろになると、さすがに当局も見て見ぬ振りを出来なくなった。
テント小屋が居酒屋化していったからだ。
「不法小屋の撤去要請」が来るころにはもうそのメンツがだいぶ入れ替わり、追悼の雰囲気はなくなっていた。そのころには、それぞれの持ち場に帰って行ったからだろう。

あれから30年・・・縁あって笠間に住み、陶芸を生業としようとは当時誰が思ったでしょうか?
笠間の陶炎祭(ひまつり)がすばらしいのは、自主的に始まったオマツリだということです。そこに参加できることに喜びを感じます。いつまでも健康で、みんなでひまつりを造り上げ、参加したいと切に思います。
何故なら、ひまつりのブースは30年前のあのときの心の拠り所だった片隅のテント小屋と同じだからです。

サルトルの「人間は自由という刑に処されている」そんな言葉を思い出しました。
いつまでも「自由」という御旗を掲げ、ひまつりを成功させましょうね!

一参加者が言うのも変ですが、改めまして笠間の陶炎祭(ひまつり)第30回の開催、おめでとうございます。
まだ準備中ですけれど、参加者全員が楽しく、心地好くひまつりをエンジョイし、お客様と交流できますように!そこはボク達の「居場所」なのだから・・・。

少し稼ぎましょうね!(笑)


○匿名希望さん メール寄稿ありがとうございました。


笠間の陶炎祭(ひまつり)
日程:4/29~5/5 会場:茨城県笠間市芸術の森公園 
宜しければクリックお願い致します。
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]
by kasama-himatsuri | 2011-01-15 17:58 | ひまつり2011